江東区・墨田区の不動産の事なら自信があります。未公開物件も豊富!購入はもちろん売却(任意売却)もご相談ください

大江戸不動産トップページ > 
大江戸不動産トピックス ニュース
ストックした物件を見る

Ooedo会員情報

9,863人

会員限定物件数
会員限定物件数2,323
エリア 一般公開 会員限定
墨田区 27件 280件
江東区 45件 530件
その他 9件 1,370件

大江戸不動産様ニュース&トピックス

2019.08.26
大赤字で社員3割超が早期退職、急成長の投資用アパートTATERUの転落
2019.07.29
夏季休業のお知らせ
2019.07.04
「売れない貸せない」郊外ベッドタウンの空き家が深刻
2019.05.04
フラット35を悪用し不動産投資 「住む」偽り賃貸用に
2019.04.28
ゴールデンウィーク通常通り営業中
2019.04.28
“選手村マンション”販売へ 価格は5000万円~1億円
2019.04.08
シンガポール富裕層が「東京中古ワンルーム」を買い漁るワケ
2019.03.09
いまマンションを「買っていい街」「ダメな街」を実名公開する
2019.02.15
首都圏新築小規模戸建て、価格は安定傾向
2019.02.15
首都圏分譲マンション賃料、3ヵ月ぶり上昇
2019.02.04
◇◇社員研修による臨時休業のお知らせ◇◇
2019.02.02
引っ越し難民」増加か ヤマト子会社引き受け停止や人手不足で
2019.01.31
東京圏、転入超過14万人=23年連続、一極集中続く-18年人口移動・総務省
2018.12.06
※冬季休暇のお知らせ※
2018.10.23
東京23区の新築マンション価格、消費増税の影響を受け微減と予測
2018.08.27
ガソリン車廃止で、大通りに面したマンションが“大化け”する
2018.08.23
タワマンが都心に建てられなくなる日は近い?
2018.07.26
賃貸住宅融資、支援機構が厳格化 サブリース巡り懸念
2018.06.11
「民泊」の届け出低調 新法施行前、サイトの削除相次ぐ 営業年180日制限が足かせに
2018.05.12
マンション修繕、割高契約に注意 国交省「相場」を公表
2018.04.23
首都圏人気マンションのキーワードはズバリ「始発」「都心へのアクセス」
2018.03.27
マンション修繕金、75%が足りず 高齢化で増額難しく
2018.03.12
スルガ銀「シェアハウス」のずさん審査に疑問
2018.02.22
マンション価格、過去最高=発売戸数は微増―17年
2018.02.13
「諸費用ローンワイド」の取り扱い開始 アルヒ
2018.01.23
マンション、バブル後最高値=首都圏平均5908万円―17年
2018.01.21
引っ越しで狙いたい、都内通勤で絶対座れる「穴場駅」清澄白河
2018.01.07
知られざる地雷、「マンションの駐車場」問題
2017.12.17
来年4月からインスペクション(建物状況調査)説明義務化。中古住宅選びはどう変わる?
2017.12.02
社員研修による臨時休業のお知らせ
2017.11.24
【チラシ掲載内容のお詫びと訂正】
2017.10.30
三菱UFJ信託、住宅ローンから撤退=低金利で採算悪化
2017.10.08
資産性の高さ、利便性… 注目集める「狭小住宅」の魅力
2017.10.01
「事故物件ロンダリング」次の次の入居者には告知せず契約…見抜く方法は?
2017.08.26
2022年に破裂する『生産緑地』という時限爆弾
2017.08.26
オーナー29人、レオパレスを提訴「建物の修繕不十分」
2017.07.08
マンション経営の収入にはどれくらい税金がかかるの?不動産所得の計算方法
2017.06.11
住宅ローン残高あるまま賃貸する場合の注意
2017.04.30
2017年都内公示地価 2.8%上昇
2017.04.24
マンション敷地に戸建て 二重使用で違法建築に 杉並区、是正命令も
2017.04.13
「フラット35子育て支援型」
2017.04.03
アパートローン「プチバブル?」マイナス金利追い風で急増 増える空室…日銀など対策へ
2017.03.23
住みたい街「清澄白河」
2017.03.06
「持ち家」リスクを甘く見ている人が招く不幸
2017.02.18
変動金利(半年型)で借りている人の注意点
2017.02.17
「マイホーム購入の適齢期」っていつ? プロが教えるライフプラン&住宅ローンのチェックポイント
2017.01.30
価格低下だけなら返済負担がラクになる,1割下がっても金利1%上昇で負担増加!
2017.01.22
<シングル女性>第2次マンション購入ブームは来るか
2017.01.13
中古購入40歳未満、住宅改修最大65万円補助
2016.12.12
※社員研修による臨時休業のお知らせ※
2016.11.27
タワー型マンションに住む危険性 健康面でリスク? なぜか役所も沈黙
2016.11.26
40階建てなら10%差=マンションの固定資産税見直し―新築対象に・政府
2016.11.06
不動産の相続、登記忘れで生じる様々な問題
2016.09.22
基準地価、全用途なぜ下落 公示地価と異なる動き
2016.08.27
「境界線と外壁の距離を50cm以上としなければならない」
2016.08.26
若年者の既存住宅取得・リフォーム支援で新規事業 補助額は最大65万円
2016.08.13
住宅ローン 携帯延滞で失格も
2016.07.26
※夏季休暇のお知らせ※
2016.07.01
<路線価>8年ぶり上昇…14都道府県プラス
2016.07.01
<路線価>8年ぶり上昇…14都道府県プラス
2016.07.01
路線価8年ぶりプラス 16年分の全国0.2%、14都道府県で上昇
2016.06.06
道路予定地上の住宅のメリット・デメリットは?
2016.05.17
地震のたびに強くなってきた耐震基準。旧耐震と新耐震をおさらい
2016.05.16
民泊を全面解禁 住宅地で営業認める 
2016.04.30
地価が値上がりしそうと思う街ランキングに清澄白河がランクイン
2016.04.29
5/3~5/5 休業のお知らせ
2016.03.06
マンション平均分譲価格が過去最高に そんな中でも新築にこだわる人は52.8%
2016.02.29
首都圏建売り、価格14%上昇4725万円
2016.02.23
マンション価格、過去最高=バブル上回る4618万円―15年全国
2016.02.16
16日からマイナス金利始まる 三井住友銀、住宅ローン10年固定型金利0・9%に 他行も引き下げ検討
2016.02.07
2月のフラット35金利が9か月ぶりに1.5%割り込む
2016.01.24
「マンション節税」防止 高層階、相続税の評価額上げ
2015.12.15
マンション平均価格 6000万円突破、24年半ぶり
2015.11.30
都心で超狭2LDKマンション大ヒットの理由
2015.10.03
東京超都心、五輪後も不動産価格は上がる説
2015.09.17
◆基準地価、三大都市圏の商業地3年連続で上昇 7月時点
2015.09.17
シルバーウィークのお知らせ
2015.09.06
東京都内2015年路線価2.1%上昇
2015.09.03
☆☆平成27年10月22日更新致しました☆☆
2015.05.23
離婚と引越し…。アメリカの実家が空き家にならないワケ
2015.04.24
ゴールデンウィークの営業について
2015.04.03
『国土交通省、平成27年地価公示発表・全国平均では住宅地が下落率縮小』
2015.02.09
3度目の「住宅エコポイント」は本当にお得か
2015.01.26
東京圏、地価下落ゼロ 6年9カ月ぶり 金融緩和追い風
2014.11.23
<アジアマネー>東京中心部の優良オフィスビル 次々買収
2014.10.27
都内路線価 6年ぶり上昇
2014.10.23
お詫び(資料請求ボタン動作せず)
2014.09.19
3大都市圏の基準地価、2年連続上昇 全国は1.2%下落
2014.09.13
住環境研究所、夫婦フルタイムで働く子育て家族の「家事分担度」を分析
2014.07.03
路線価、下落幅0.7%に縮小 14年 東京・大阪6年ぶり上昇
2014.06.27
「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について
2014.06.15
宅地建物取引主任者から宅地建物取引士へ
2014.05.30
ガス器具製造のハーマン(大阪市)は29日、浴室暖房乾燥機約8万台の基板に発火の恐れがあるとして、リコール(無償修理)すると発表した。
2014.05.17
夫婦共有か単独か 住宅ローンのお得度比較
2014.05.17
神社でもらった家内安全のお札、自宅のどこに置けばいいの?
2014.05.03
ゴールデンウィーク休まず営業中
2014.04.29
暴力団事務所と瑕疵担保責任
2014.04.27
自殺物件の不告知をめぐるトラブル
2014.04.18
中古マンション成約件数、2年連続で過去最高を更新/東日本レインズ
2014.04.06
消費税8%で、どうなる「住宅ローン控除」
2014.03.21
消費税について
2014.03.18
公示地価、3大都市圏で6年ぶり値上がり
2014.03.01
H26年4月1日~売買契約書の印紙税が軽減されます
2014.02.19
物価が上がれば預貯金は「目減り」 どう対策する?
2014.02.15
2015年1月から相続税が増税!
2014.02.11
せっかく住宅を買うなら、資産価値が上がる町を選びたいもの。過去10年のデータと、今後の都市開発計画から、「これから値上がりする町」を予想する。
2014.01.30
一生賃貸で暮らすにはどのくらい蓄えが必要か
2013.09.27
豊洲駅~住吉駅間整備の早期事業化を目指します
2013.06.29
リバースモーゲージ みずほ銀行が参入
2013.06.13
固定金利への借り換え、「今でしょ」「まだでしょ」、あなたはどっち?
2013.03.23
グループ店舗のペットサロンが墨田区時間に掲載されました!
2013.03.14
東京スカイツリーからのTV電波発射は5月
2013.02.11
アベノミクスで”ミニバブル”に!?
2013.01.12
消費税増税による住宅購入者への影響
2012.04.29
携帯電話ご利用の皆様へ
2012.04.20
会員の皆様へ

大江戸不動産様ニュース&トピックス

  • 第1位

    新築一戸建て

    墨田区八広2丁目

    5,380万円(税込)

    京成押上線「京成曳舟」駅徒歩12分

  • 第2位

    新築一戸建て

    墨田区八広4丁目

    4,990万円~(税込)

    京成押上線「八広」駅徒歩9分

  • 第3位

    新築一戸建て

    墨田区東向島6丁目

    4,480万円(税込)

    東武伊勢崎線「東向島」駅徒歩4分

  • 第4位

    新築一戸建て

    墨田区堤通1丁目

    5,480万円(税込)

    東武伊勢崎線「東向島」駅徒歩10分

  • 第5位

    新築一戸建て

    江東区東砂2丁目

    4,445万円(税込)

    都営新宿線「東大島」駅徒歩13分

大江戸不動産の最新ニュース・サイト更新情報等をお知らせしています。

2017.10.08
資産性の高さ、利便性… 注目集める「狭小住宅」の魅力
新築マンション価格の高騰によって、都心で家をもつハードルが上がっているなか、注目を集めているのが「狭小住宅」です。文字どおり、小さな敷地(一般的には15坪~30坪)だけに土地代は比較的安く、手に入れやすいことが話題となっている大きな理由です。
ただしその反面「やはり狭いのでは」「設計の自由度がなさそう」などの声があるのも事実です。果たして本当にそうなのでしょうか。実態を整理してみましょう。



過ごし方の選択肢、資産性の高さ…多様な魅力をもつ狭小住宅

注目集める「狭小住宅」の魅力
都心近くの我が家なら資産性は高い


土地が狭く、土地代にかけるコストが圧縮できることが、狭小住宅の大きな特徴です。これは見方を変えれば、地価が高い都心部においてもマイホームを手に入れやすいことを意味します。場合によっては、駅から徒歩10分圏内の好立地が見つかることもあります。

都心に近いエリアの魅力は、何と言っても生活環境の良さ。通勤、通学のアクセスが快適で短縮されるぶん、時間を有効に使うことができます。ショッピング、食事、エンタメ、学びなどオフの過ごし方の幅も広がるでしょう。
また、お子さんの進路を考えた場合、通学できる学校の選択肢が増えることもメリットです。

資産価値の面でも高く評価されます。都心近くなら、当然、地価は比較的高く、将来にわたって資産性が担保されやすいからです。例えば、転勤などで売却する場合、あるいは一定期間貸す場合、どちらにおいても有利な価格付けができるでしょう。さらに、土地面積が狭い分だけ固定資産税、都市計画税などは安くなります。

一戸建てであることの恩恵も見逃せません。隣接住戸への騒音、振動などを気にする必要が少なく、集合住宅に不可欠な管理費や、一般的に築年数の経過に伴って増額される修繕積立金も不要です(ただしその反面、メンテナンスは自分で行わなければならないため、その予算を計画的に確保しておく必要はあります)。
さらに、ガレージをつくればカーライフも存分に楽しむことができます。自宅敷地内に愛車を置ければ洗車などのメンテナンスをする際にも使い勝手は良く、セキュリティの面でも安心でしょう。



2017年のトレンド「リビ充家族」にも適している?

リビングダイニング
子どもがダイニング勉強派なら狭小住宅が向いている


ところで皆さんは、2017年の住まいに関するトレンドキーワード「リビ充家族」をご存じでしょうか。

“リア充”ならぬ「“リビ充”家族」とは「リビングを最重視して広さを確保し、そこで各々が好きに充実した時間を過ごすことを志向する家族」という意味とのこと。狭小住宅の代表的なプランに「1階を寝室やガレージ、2階をリビングダイニングキッチン、3階を子ども部屋等に充てた3階建て」がありますが、こうしたプランはリビ充家族に適した住空間といえます。

子どもが乳幼児でまだ目を離せない、小学校低・中学年で、お父さん、お母さんにサポートしてもらいながらダイニングで勉強することが多い、といったファミリーは「リビ充家族」に近いともいえるかもしれません。子ども部屋が必要な年ごろになれば、1階、あるいは3階の部屋を与えることもできるので、狭小住宅は検討の価値がありそうです。


合わせて注意すべきポイントもチェックしよう


いろいろなメリットがある狭小住宅ですが、半面、注意点もあります。

土地売主あるいは売主に紹介された会社と一定期間内に建築請負契約を結ぶ必要がある「建築条件付き」かどうかは住宅設計の自由度を大きく左右します。最初の段階で確認すべきポイントです。

敷地が狭いだけに、間取りが窮屈になるのでは? 生活動線がスムーズにならないかも?…といった声もあります。しかし、狭小住宅の建築に豊富な実績を持つデザイナーや工務店は確実に増えており、さまざまな工夫がなされてきました。例えば、次のような設計上のアイデアや技術です。

・大きな吹き抜けをつくって開放感を出す
・間仕切りの上下に隙間をつくって「抜け感」を出す
・収納スペースを分散してモノが散らかりにくい部屋をつくる
・半透明のシースルー階段で室内の光を遮断しない
・北側にも窓を設けて家の中に光を回し、明るい家にする

…といったものです。また、個性的な外観意匠や外壁仕上げなどを採用する狭小住宅も増えており、デザイン的にも様変わりしてきたといえます。ただし、建築基準法上の規制や、立地条件などで建築コストが高くなる場合もあるため、事前に工務店などに確認しておくといいでしょう。


個性的な外観の狭小住宅が増えている

かつて狭小住宅と聞くと「広い土地が確保できず、やむを得ず建てた家」というネガティブなイメージをもつ方もいました。しかし現在ではむしろ、都会の中で快適に暮らすためのポジティブな選択と考える人が増えており、評価は高まっています。

上記に挙げた注意点をふまえれば、狭小住宅は十分に魅力的な新居の選択肢になり得ます。興味をもたれた方は検討してみてはいかがでしょうか

江東区・墨田区の不動産情報 株式会社大江戸不動産

ページの先頭へ