1. まちなび清澄白河トップページ
  2. 観光

清澄白河の寺院を巡る

清澄、深川エリアには寺院が多く点在しています。緑も多く風情ある雰囲気です。
深川七福神が、森下駅・清澄白河駅・門前仲町駅周辺の3つの神社と4つの寺院にまつられているなど、
七福神巡りもおすすめです。情緒溢れる町で、お気に入りの空間を見つけてみませんか?

深川七福神巡り-七福神巡りとは、七難を取り除き、七福を与える神々を巡拝し、幸福を祈る行事です。深川七福神は1/15まで、ご開帳が行われており、色紙などのお授けがあります(有料)。 それぞれ、徒歩2時間ほどのコース。ここに来たら訪れてみることをオススメします。

野鳥が集う癒しスポット清澄庭園

都心とは思えない豊かな自然に
包まれた清澄庭園。四季折々に情緒溢れる姿を見せてくれる
庭園では、川と海に近いこともありキジバト、ヒヨドリ、シジュウカラ、カワウなど、多くの野鳥が一年中見られます。
池を囲って園内を順路に沿ってたどると、様々な景色をみせてくれ、 また芝生が多く広々とした空間の造りになっています。静かで趣があり、 鳥のさえずりが聞こえ、木々が風にそよぐ音、水面が揺れているそばではカモの鳴き声も聞こえます。

ところどころにベンチがあり、一休みしながら園内をゆっくりまわれます。 ベビーカー置場もあり、家族連れにやさしい造りになっています。 お手洗いも石造りできれいに整備されているのがうれしいポイントですね。 広い園内に4ヵ所あります。

中央の島とを結ぶ橋の架け替え工事も行っており、完成が楽しみですね。 カモがたくさん集まった池の前では絵画を楽しむ人も多く、みなさんお上手でした。

東京都江東区清澄2・3丁目
Tel 03-3641-5892(清澄庭園サービスセンター)
https://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index033.html

入園時間:9:00~16:30(閉園17:00)
入園料:一般150円、65歳以上70円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
休園日:12月29日~1月1日

池の上には石が飛び飛びに置かれ、渡れるようになっています。 すぐ近くでカモやカエルの息遣いを感じられます。人に慣れているのか、あたたかく迎えてくれているかのよう。 清澄庭園の空間を感じられる瞬間です。石の上にカメも寄り添ってかわいかったですよ。

大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築した大正記念館や、「東京都選定歴史的建造物」に選定されている涼亭は、集会場として利用できます。 その際お食事の注文も承っています。まるで水辺に浮かんでいるかのような涼亭は人気で、大正記念館ともに、繁忙期では毎日予約が入ります。

江戸庶民の信仰を集めて三百年深川不動尊

江戸の風情が漂い、多くの人でにぎわう門前仲町に堂々たる風格を持った富岡八幡宮。 門前仲町の歴史、大相撲、水かけ祭りなど、見どころ満載の八幡さまを巡ろう。

東京都江東区富岡1-20-3  Tel 03-3642-1315
https://www.tomiokahachimangu.or.jp/

江戸庶民の信仰を集めて三百年深川不動尊

商売繁盛、交通安全などあらゆる利益があるとされる深川不動尊。
毎月28日は縁日が行われ、多くの参詣客で賑わいます。
平成24年には新本堂が建立され、そこで行われる大迫力の護摩祈祷は必見です。

東京都江東区富岡1-17-13  Tel 03-3641-8288
https://www.fukagawafudou.gr.jp/

深川七福神の福禄寿として知られる深川七福神 心行寺

深川七福神の福(幸福)禄(財)寿(長命)の神像が安置されている心行寺。 深川七福神は森下駅、清澄白河駅、門前仲町駅周辺の3つの神社と4つの寺院にまつられ、特に正月には数多くの参詣客で賑わいます。

東京都江東区深川2-16-7  Tel 03-3641-2566
https://www.shingyoji.or.jp/

陸奥国白河藩松平定信の墓所がある霊巌寺

浄土宗寺院の道本山 東海院 霊巌寺は、寛永元年(1624年)、霊巌雄誉上人が隅田川河口を埋め立てて霊巌島を築いた時、初めて建てられた寺院です。 明暦の大火(1657)後に現在地へ移転しました。陸奥国白河藩松平定信の墓所があり、白河の地名が名づけられました。

東京都江東区白河1-3-32

清澄白河エリアを含む江東区は、運河と橋が多いことから“水彩都市”と呼ばれています。大小合わせて130以上もの橋が区内に架かっています。道路と水路が連なって作られており、住宅地のそばを船が行き交うことも多く見られます。また隅田川や小名木川が流れていたり、公園や並木道、草木が多く、自然を肌で感じることができます。隅田川三名橋のひとつ、永代橋は夜景も楽しめる、人気スポットとして知られています。

隅田川に架かる有名な三つの橋。新東京百景の一つとして知られたり、国の重要文化財に指定されるなど、圧倒的な存在感を見せています。

  • 両国橋「大橋」の下流に、元禄6年(1693年)に新しく橋が架けられたことから、新大橋の名が付けられました。松尾芭蕉の句に詠まれており、また安藤広重も「名所江戸百景」に描いています。新東京百景の一つです。

    新大橋1丁目
    都営新宿線・大江戸線「森下」駅徒歩4分
  • 深川の清澄町と日本橋中州町を結ぶことから、公募選出により、その名が付けられました。ドイツのケルンの大吊橋を模範にし、昭和3年(1928年)完成。女性的な曲線美を描く唯一の吊橋です。新東京百景の一つであり、国の重要文化財にも指定されています。

    清澄1丁目
    都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線
    「清澄白河」駅徒歩6分
  • かつて赤穂浪士が渡った橋として知られ、今日でも深川祭りで神輿と人で賑わうことで有名です。大正15年(1926年)に大震災復興事業の最初の工事として架けかえられました。重量感あるシンプルなアーチ型です。国の重要文化財に指定されています。

    永代1丁目
    東京メトロ東西線・都営大江戸線
    「門前仲町」駅徒歩8分

深川七福神巡り

七福神巡りとは、七難を取り除き、七福を与える神々を巡拝し、幸福を祈る行事です。
深川七福神は1/15まで、ご開帳が行われており、色紙などのお授けがあります(有料)。
それぞれ、徒歩2時間ほどのコース。ここに来たら訪れてみることをオススメします。